多チャンネル導波管切替器

- Waveguide Multi Channel Selector -


商品説明


・多チャンネル導波管切替器 従来の1×2や2×2の切替器では複雑な組み合わせを必要とし、スペース的にもコスト面でも無理がありましたが、コンパクトかつローコストにてn×nのマトリックスSWを構成できるデバイスとして開発しました(下図参照)。
材質や周波数範囲はお客様のご要望により変更可能ですが、WR3以下は測定ができません。

製品に関するご質問、ご相談はお問い合わせ、またはお電話(0422-52-0167)にてご連絡ください。特注も承っておりますので、是非ご相談ください。
【完成商品例】8×1切替器8ch側 【完成商品例】8×1切替器8ch側 【完成商品例】8×1切替器8ch側 【完成商品例】8×1切替器1ch側 【完成商品例】3×1切替器3ch側 【完成商品例】3×1切替器1ch側
従来では多量の1×2切替swと接続導波管により大量のスペースが必要でしたが、コンパクトかつ高信頼性のN×N SW。8×8のSWは従来では14個の1×2切替機と4本の直導波管が必要でしたが、1×8の電動切替機が2つで実現!

図面


8×1導波管切替器

モーター込みでH108×W364×D51(mm)です。詳しい寸法はお問い合わせください。

3×1導波管切替器

モーター込みでH84×W180×D50(mm)です。詳しい寸法はお問い合わせください。

測定データ例(3ch)


3ch切替スイッチ測定データ
周波数範囲 WR15 50GHz ~ 75GHz
V.S.W.R 1.15
挿入損失 0.3dB
Isolation. 50.4dB
切替速度(1~3ch) 1秒
消費電力 15W
電源電圧 DC24V
仕様温度範囲 5℃ ~ 40℃
操作方法 マニュアル操作/オート操作(RS232C)
※周波数範囲や材質など、ご要望に合わせて製作いたします。
マニュアル操作例(タッチパネル) データ測定の様子
タッチパネルで直感的な操作が可能です。マニュアル/オート操作はご要望に応えて開発いたします。
もどる