方向性結合器

- Directional coupler -


商品説明


・方向性結合器
方向性結合器とは、導波管内を伝播する電磁波の一部を別のポートから取り出すことができる製品です。
弊社では3ポートのもの(単方向性結合器)と4ポートのもの(双方向性結合器)を取り扱っており、低挿入損失で任意の結合度で製作することが可能です。

製品に関するご質問、ご相談はお問い合わせ、またはお電話(0422-52-0167)にてご連絡ください。特注も承っておりますので、是非ご相談ください。
【商品完成例】方向性結合器 【商品完成例】方向性結合器 【商品完成例】方向性結合器

20dBカプラ(WR10)の場合の性能例・データ


性能例
周波数 75GHz ~ 110GHz
挿入損失 0.2dB(90GHz)
結合度 20dB
リップル ±0.6dB
方向性 50dB
メインラインVSWR 1.05以下
データ
結合度(WR10) 挿入損失(WR10)
シミュレーションソフトで計算した結合度グラフ。75GHzのとき約-18dB,90GHzのとき約-19.5dB,110GHzのとき約-18dBの弓なりの形になっている。 シミュレーションソフトで計算した挿入損失グラフ。75GHz~110GHzで-0.3~-0.17dB程度

対応表


製品に関するご相談はお問い合わせ、または0422-52-0167までご連絡ください。
導波管サイズ 透過周波数
(GHz)
フランジ
WR 内径(mm)
A × B
WR-28 7.110×3.560 26.5 - 40.0 UG381,UG599
WR-22 5.690×2.850 33.0 - 50.5 UG383
WR-19 4.780×2.390 40.0 - 60.0 UG383
WR-15 3.759×1.880 50.5 - 75.0 UG385
WR-12 3.100×1.550 60.0 - 90.0 UG387
WR-10 2.540×1.270 75.0 - 110 UG387
WR-8 2.030×1.020 90.0 - 140 UG387
WR-6 1.651×0.825 110 - 170 UG387P
WR-5 1.295×0.648 140 - 220 UG387P
WR-4 1.092×0.546 170 - 260 UG387P
WR-3 0.864×0.432 220 - 330 UG387P

図面


フランジ

UG381,383はフランジの径がφ28.58。UG385,387はφ19.05。UG387-Pはφ19.05でピン穴が2つ増えます。UG599は角フランジで□19.05です。
もどる