簡易型コネクタ

Bare fiber adapter



■ 標準コネクタシリーズ

FCタイプ
(左からクランプB、クランプA)

SCタイプ
(左からクランプB、クランプA)

MUタイプ
(左からクランプB、クランプA)

LCタイプ
(左からクランプB、クランプA)

SMAタイプ
(左からクランプB、クランプA)

STタイプ
(上からクランプB、クランプA)
■ 偏波面保持ファイバ用ベアファイバ アダプタ

FCタイプ
■ オプション品(別売)

FC用端面合せ治具


SC用端面合せ治具


屈折率整合フィルム
(10枚一組の形状)
ファイバセット時のコネクタ先端のフェルール端面とファイバ端面の位置合わせには端面合わせ治具をご使用下さい。



簡易型コネクタ セット手順


■特徴

本製品は、簡易的に光ファイバに取り付けるコネクタです。測定器とファイバ、ファイバ同士等の接続をするために開発された高精度コネクタで、FC型またはSC型光コネクタと互換性を有するものです。すべて軽合金で構成されており、非常に軽量です。
特にB型はファイバ心線径0.25用に設計された低損失のクランプです。本品は、コネクタとクランプが取り外し可能で、ヘッドとクランプのいろいろな組み合わせができるので、ファイバサイズにぴったりのヘッドを選定すれば、1dB以下の挿入損失も可能です。


■仕様

 
コネクタヘッド寸法
[μm]
クランプA
クランプB
クランプAS
クランプBS
Fiber及び心線径
標準品
125
126
127
128


被覆径0.9専用



被覆径0.25専用

注1)

被覆径 0.9以外
(クランプAの改造)



被覆径 0.25以外
(クランプBの改造)

特注品 任意の寸法
(1μmオーダー)
注1)
クランプASは、被覆径φ0.9以外のファイバにご使用頂けますが、構造上、ご使用になるファイバ径に応じて若干ファイバが湾曲した状態で把持されます。その為、弊社では改造品のご注文の際にはクランプBSをお勧めします。
クランプA、クランプB、クランプBSはファイバを曲げずに把持することが可能です。

■定価

 簡易型コネクタ            

 型番(注番)
コネクタヘッド
クランプ
合 計
OKC−□□□−A−FC 
FC型
9,500
 8,000(A)
17,500
OKC−□□□−B−FC 
12,500(B)
22,000
OKC−□□□−A−SC 
SC型
9,500
 8,000(A)
17,500
OKC−□□□−B−SC 
12,500(B)
22,000
OKC−□□□−A−MU 
MU型
24,500
 8,000(A)
32,500
OKC−□□□−B−MU 
12,500(B)
37,000
OKC−□□□−A−LC 
LC型
24,500
 8,000(A)
32,500
OKC−□□□−B−LC 
12,500(B)
37,000
OKC−□□□−A−SMA SMA型 20,000  8,000(A) 28,000
OKC−□□□−B−SMA 12,500(B) 32,500

   ※ 型番□□□には、コネクタヘッド寸法125〜128を入れてください。

 ↑ 上記価格は、コネクタヘッド寸法125〜128までのものです。その他の径につきましては別途お見積もり致します。

 端面合せ治具

     FC型、SC型        各 7,000円     


■型番(注番)

 簡易型コネクタ

    OKC− コネクタヘッド寸法 − クランプタイプ − コネクタタイプ

     例. OKC−125−A−FC

 端面合せ治具

    OKC− C − FC / SC

70,80,140,250,350,500,1000等のいろいろなサイズをオプションで取揃えております。
お問い合せください。


オプチカルファイバー関連製品案内へ お問い合わせ トップページを開く