電波暗室用三次元位置認識装置

(OST-OPD-03)





本体よりでているワイヤーをもって、人間が任意の場所に移動することにより、ワイヤー先端の位置が三次元認識できます。




装置概要図

■特徴

本品は、電界強度分布を測定するために開発された極座標系を用いた位置決め装置で、小型軽量ですので任意の場所に可搬可能です。
又、本体と測定部は光ファイバのみの信号線のみの接続となっており、計測精度を上げております。


■仕様

座標系

極座標

エンコーダ分解能

r 軸 : 2mm
θ軸 : 0.005度
φ軸 : 0.005度

可動範囲

r 軸 : 0〜5m
θ軸 : 0〜355度
φ軸 : 5〜90度

インタフェース

USB

電源1(メカ部およびE→O変換部)

バッテリー(2時間連続使用可)
DC12or24V

電源2(O→E変換部およびカウンタモジュール部) AC100V
重量 20s以下
光ファイバ長 20m以上


戻る.. お問い合わせ トップページを開く